含まれるビタミンの種類

ビタミン配合のプロテインに配合されているビタミンには、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンDなどがあります。ビタミンB群は体づくりに欠かせない栄養素で筋肉を構成する組織づくりを進めます。そして、ビタミンCは体調維持に欠かせない栄養素で、美容にもよく、肌を健やかにする効果や体調を整える効果があります。そして、ビタミンDには2つの働きがあるといわれています。1つ目は、骨の吸収効果を高める作用があります。体内に入ってきたビタミンDは肝臓などの働きと一緒になって、カルシウムの吸収効率を高める役割をもちます。

カルシウムは骨の成分としてよく知られていますが、ただ摂取するだけというよりも、同時にビタミンDを摂取することでより効果的にカルシウムが体に吸収されやすくなるのです。そのため、ビタミンDは骨を強くしてくれます。

また、ビタミンDの2つ目の働きとしては、筋肉増強効果があり、血液中のビタミンD濃度に比例して、筋力も高くなる傾向があるといわれています。そして、ビタミンDは間接的に筋肉の成長をサポートする機能をもつことがし知られており、ビタミンDを摂取することで代謝がよい、効果的に痩せやすい体づくりができるということが挙げられます。